鍵の管理にご注意を!

多くの方は合鍵(スペアキー)を扱ったことがあるかと思います。「鍵をなくした時用に…」と思い合鍵を作って、様々な場所に保管する人もいるかもしれませんが、あまり良い選択とは言えません。余分な鍵を多く作ってしまえば、それだけ紛失のリスクが高まり、また空き巣の被害に遭うリスクが高くなるからです。「玄関の合鍵を複数作って保管していたら、1つなくなってしまった」そうなってしまうと、いつ、どんな被害に遭うか怖いですよね。1つでもなくしたら、それは、鍵の交換時なのかもしれません。今後のためにもなくしたら早めの交換をお勧めします。
また、鍵は日ごろから扱うもの。あまり気を使わずに扱いがちですが、思った以上にデリケートなものです。鍵穴に差し込むタイプは中に異物が詰まったりすることもありますし、カードキーは磁気が弱まり、使えなくなる場合もあります。カードキーをスマートフォンのカバーに接触させてしまい、磁気が弱まってしまうこともあるようです。それぞれの鍵の特徴を把握して、管理を行わないといざという時に困ってしまいますね。
今では数多くの鍵があります。仕組みも価格もバリエーション豊かで悩んでしまいますね。それぞれ防犯性能も違いますし、迷ってしまったら一度鍵のプロにご相談してみてはいかがでしょうか?