鍵を失くさないために

鍵を失くした経験を持つ方はたくさんいるでしょう。帰宅時に家の玄関を開けようとしたとき、車に乗ろうとするときに鍵が見当たらず、最後に置いた場所が全く思い出せない、そんな事態を考えるだけで恐ろしいですよね。鍵を失くす要因としてまず挙げられることは、非常に小さい物だと言うことです。
鍵を失くさないポイントとしては、凹凸があるキーホルダーをつけることです。見た目が大きくなるため、探しやすくなります。他にもグリップ感も高まるため、落としにくくなることがメリットです。中でも頭に残りやすいキャラクターの人形のキーホルダーや、音が鳴るキーホルダーが特におすすめです。
次に鍵の置く場所を習慣化することです。物を紛失する時の大体は、普段とは違う場所に置くことによって発生します。テーブルなど、物の動きが多い場所に大事な物を置くことはおすすめしません。家に帰ったらすぐに玄関の近くに置くなどを心がけましょう。日付が経つにつれ、記憶を失ってしまうので物が動かない場所かつ印象に残りやすい場所をあらかじめ固定することが大事です。
鍵を失くすことは大変危険であり、犯罪に繋がる可能性もあります。そうならないようにもきちんと自己管理を怠らないようにしましょう。万が一紛失してしまった場合は、鍵開けのプロに相談することが確実だと言えるでしょう。