家の鍵をなくしたときは交換するべきか

カギは玄関のドアや車、金庫、スーツケースなどに使用され、今や目にしない日はほとんどないといってもいいほど、身近なものになっています。外出時には必ず持ち歩く方もいる鍵ですが、普段から触れるものなので、つい粗末な扱いをしてしまいがちです。

 

いつも同じ場所につけていたり、持ち歩くカバンにしっかりと付けているのであれば紛失しにくいですが、ズボンのポケットや、何かに気を取られたときに、気付かないうちに紛失してしまうおそれもあります。また、スペアキーを作るか、新しく鍵交換するかで迷ってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、鍵を交換することに焦点を当てて詳しく解説していきます。

 

なくした鍵が出てこなければ交換する

鍵交換にかかる手間

鍵を交換するメリットは沢山

家の安全を守ってくれるいろいろな鍵

まとめ

 

なくした鍵が出てこなければ交換する

 

一般的に、鍵をなくしてしまった場合、鍵穴ごと交換したほうがいいと言われています。それは防犯性が低下してしまうおそれがあるからです。鍵をなくした際は、大抵落としたと思わしき場所や自分のよく行く場所に探しにいくと思います。それでも見つからなかったとき、なくした鍵はどうなってしまうのでしょうか。

 

そのまま誰にも発見されない場合や、親切な人が交番に届けてくれた場合はいいですが、落とした瞬間を見られていたときや、自宅を知られているとき、もしくはついてこられてしまったときは、自宅に侵入されるおそれがあります。「そんなこと起きるはずがない」と思うかもしれませんが、近場で落としてしまった場合は、犯罪被害の懸念もあります。最悪の場合は生活サイクルを知られてしまい、プライバシーの侵害に発展しかねないため十分注意が必要です。

 

もちろん、鍵を拾って侵入しようと考える人はごく一部です。ですが、鍵を落とすことによって「大丈夫なんだろうか」と不安が生まれ、知らぬ間にストレスになってしまう人もいます。実際は防犯面だけではなく、精神面にも影響を及ぼしてしまうおそれがあるので、新しく鍵を交換したほうが安心できるはずです。

 

 

鍵交換にかかる手間

鍵を落とした場合は鍵交換したほうがいいということがわかりました。しかし、費用面が気になるところです。鍵交換は鍵穴ごと取り替える必要があり、鍵の複製と比較して費用が高くなることがほとんどです。業者に鍵の作成を依頼した場合、簡単な鍵であれば数十分で完成し、費用も千円以下に収まることも多いですが、鍵穴ごと交換すると、鍵の種類にもよりますが数万円の費用と取付時間がかかるケースもあります。

 

鍵と鍵穴は、ホームセンターやインターネットで気軽に入手できます。価格もそこまで高価ではないことが多いです。鍵の取り換えしたいけど費用を抑えたいと考えているのであれば、業者に依頼する他に、自力で交換する方法も選択肢の候補に入りますが、あまりおすすめできません。

 

確かに入手は容易ですが、鍵の取り付けは容易ではありません。鍵穴を交換するだけではなく、側面の部分にも関わってきます。誤って違う規格のものを購入してしまうと取付不可能な場合があり、余分な費用がかかってしまうこともあります。その場合、再購入の手間もかかってしまい、鍵交換するまで鍵がかけられない不便な生活を送ることにもつながりかねません。

 

 

鍵を交換するメリットは沢山

鍵を交換した場合、どのようなメリットが存在するのでしょうか。古い鍵を使用していた場合、経年劣化しているおそれがあります。鍵や鍵穴自体が摩耗し、動作不良や抜き差しがしにくいといった不具合が発生していることがあります。その場合は故障が頻発しやすくなっており、ちょっとしたことがきっかけでトラブルが発生します。故障してしまうと再度業者に依頼し、対応してもらうことになるので、余分に費用や時間がかかってしまいます。そのため交換してしまうことで、そのような手間を省くことができます。

 

また、古い鍵は防犯性能が低いことが多いです。現在でも一般的に使われているシリンダー錠がありますが、このタイプの鍵は簡単に開けられてしまうことがあります。初心者であっても、ものの数分あれば解錠ができることもあり、慣れた人だと1分も掛からないとも言われています。そのため鍵として十分な効果が発揮できないかもしれません。もしシリンダー錠を使用している場合は、防犯性の高い鍵に交換してみるのも効果的です。

 

 

家の安全を守ってくれるいろいろな鍵

昨今の鍵は進化を遂げています。デザイン性に富んでいるだけではなく、きっちりと防犯性能も備わっています。鍵の防犯性能が高いと不審者に侵入される危険が低下するため、安心できるはずです。この章では、交換するのにオススメな鍵を2つご紹介します。

 

 ・ディンプルキー

鍵に凹凸がついており、通常の鍵と同じように差し込んで回すタイプです。シリンダーキーとの大きな違いは、内部にあるピン数の多さです。シリンダーキーと比べると、3倍ほど内部のピン数が多く、開錠する際には全部のピンが正しく合わなければ開けることができません。そのため解錠は難解で、防犯性能が非常に高いと言われています。

 

・電子錠

電子錠はつまり、暗証番号錠、カード錠、生態認証錠など、電気の力を使用した、従来の鍵の形にとらわれない鍵のことです。主にマンションなどで見かけること多いです。大きなメリットとしては、鍵の管理がしやすく、鍵自体がないため紛失することがないことです。また、閉まるときにオートロックが掛かるものもあり、鍵を掛ける手間が省けて便利なところも魅力の1つです。

 

この他にも「ピンシリンダーキー」や「マグネットキー」など、鍵の種類は豊富にあります。もし現在の鍵から交換を検討中なのであれば、ご家庭の使用状況などに合わせ、それぞれのメリット・デメリットから最適なものを選びましょう。

 

 

まとめ

鍵を失くしてしまい、探しても見つけることができない場合は、鍵交換をおすすめします。鍵交換をすると、安全面が保たれるだけではなく、今まで発生していた不具合が解消されるかもしれません。古い鍵を使用している場合、防犯性の低いことがあり、鍵の効果が低いおそれがあります。鍵交換を検討しているのであれば、これを機に防犯性の高いディンプルキーや電子錠に交換してみると、安心も便利さも手に入れることができるはずです。