マンションの鍵紛失で家に入れない…!連絡すべき場所と鍵開け・費用

マンションの鍵紛失で家に入れない…!連絡すべき場所と鍵開け・費用

マンションの鍵紛失によって家に入ることができなくなったら、まずは落ち着いて必要な場所に連絡をとることが大切です。とくにマンションなどの集合住宅の場合には、エントランスにオートロックがついていることがあります。

二次被害などほかの住民に迷惑をかけてしまう事態になりかねません。適切な対処をおこない、鍵開けによって部屋に入りましょう。

このコラムでは、マンションにお住まいで鍵を紛失してしまった方に向けて、「無い!」と気づいたときに探す場所のポイントや、連絡すべき場所をご紹介しています。また、業者に鍵空けを依頼する際の費用や鍵紛失の際に知っておきたいことをまとめています。あせらず、適切な対処をおこない二次被害を防ぎましょう。

マンションの鍵紛失……!まずすることは?

鍵を紛失したことで、パニックになってしまっては適切な判断ができません。いったん深呼吸をしてみましょう。鍵を無くしたときには、まず探すか、鍵を開けてもらうかの2つの選択肢があります。それぞれのシチュエーションでのとるべき行動と、連絡する場所をご紹介します。

鍵を探す場合1:自分の行動を思い返してみよう

無くした鍵を探すには、まずその日の自分の行動を振り返り、最後に鍵を見たのはいつか、どこにしまったかなどを思い出しましょう。

衣服のポケットの中や、バッグの中、小物入れのなかなどに入り込んではいませんか。立ち寄った店があれば連絡して確認し、家の近くなら、歩いた道を再度引き返してみることもおすすめです。案外、道端に落ちていることもあります。

鍵を探す場合2:警察に届けを出す

鍵を拾った人が警察に預けてくれることがあります。その日でなくても後日預けられることもあるため、警察に遺失届を提出してください。遺失届は交番に直接行かなくても、電話口で受理してもらうこともできます。

鍵を開けてもらう場合:大家さんや管理会社に連絡してみる

大家さんや管理会社に連絡することで紛失を知らせることができるだけでなく、本鍵や合鍵などで鍵を開けてもらえることができます。もし紛失を大家さんや管理会社に伝えず、空き巣や泥棒などの被害が起きてしまったときには、責任が問われるなどトラブルに発展してしまうかもしれません。今後起こるかもしれないリスクを考え、正直に申告しましょう。

鍵を開けてもらう場合:業者を読んで鍵を開けてもらう

深夜や休日などにより、大家さんや管理会社に連絡が取れない場合や、とりあえず家に入りたいというときには、業者に鍵を開けてもらうことができます。

これまでご紹介した方法とは違い、費用はかかってしまいます。しかし、鍵が見つからず、大家さんや管理会社といつ連絡がとれるか分からない状態の場合には、一番手っ取りはやく家に入ることができます。また、家に帰ることで一度落ち着くこともできるでしょう。鍵開け業者に依頼したときにかかる費用や依頼の流れに関しては、次の項目でご紹介します。

鍵開け業者を呼んだときの作業内容・費用まとめ

鍵開け業者を呼んだときの作業内容・費用まとめ

鍵開け業者は24時間受け付けしている場合が多いため、いつでも利用できるのが魅力です。さらに、近所の鍵屋に依頼することができれば、すぐに鍵を開けてもらうことができます。急ぎであるときには便利です。

マンションの鍵をあけるためにかかる費用

ひとくちに鍵といっても、昔からあるシンプルな形のものから防犯性の高いもの、カードキーなどさまざまです。よく住宅で使用される鍵でいうと、ディスクシリンダーとよばれる側面にギザギザのついた鍵の場合の鍵開けは、8,000~15000円ほどが相場です。

また、ディンプルキーと呼ばれる防犯性の高い鍵の表面にくぼみがつくられたものだと、10,000円~20,000円ほどが相場となります。鍵開けが難しいものほど費用は高くなり、カードキーだと費用相場は12,000円からとなります。

このほかにも、業者には出張費や深夜料金などがかかる場合もありますので、正確な費用が知りたい場合には、業者に問い合わせしてみましょう。また、エントランスにオートロックがある場合には、鍵開けを勝手におこなうとトラブルの原因となってしまいますので、大家さんや管理会社に連絡を入れておいた方が安心です。

鍵屋を呼んでから解錠までの流れ

鍵屋を呼んでからどのような流れで鍵を開けてもらうことができるのかご説明します。必要な持ち物もありますので、チェックしていきましょう。

1.鍵開けを依頼する
鍵開け業者を呼ぶには、インターネットで近くの鍵屋を検索することや、知っている鍵屋に依頼する事ができます。最近だとメールやラインによって依頼できる業者も増えていますが、急ぎの場合には電話をかけるのが確実です。費用が気になるときには、電話口でおおよその金額を聞いておきましょう。

2.鍵屋が到着・身分確認
鍵屋の到着後にはまず、身分確認があります。業者によっては、見積り後に身分確認となることもあります。鍵開けは、その家の住民の依頼でないと犯罪に加担してしまうおそれため、確認は必須です。免許証やパスポートなどを提示しましょう。

その場で身分証を持ち合わせていない場合には、クレジットカードと郵便物などを合わせて見せることで確認してもらうこともできます。ただし、これは業者の判断によります。免許証などの身分証でないと鍵開けを拒否されてしまうこともあるので、あらかじめ依頼の電話のときに伝えておくとスムーズです。

3.見積り
鍵をどのように開けるのか、ドアや鍵の形状を見て鍵開け費用がいくらかかるのか見積りをします。見積りの内容に納得がいかなかった場合には、作業をキャンセルすることが可能です。しかし、業者を呼んでいるのでそのような場合にはキャンセル料が発生する場合があります。

見積りを取らずに鍵を開けようとする業者もありますが、そうなると作業後に高額な作業費を請求されてしまうことがあります。作業後にはキャンセルすることができませんので、必ずいくらかかるのか確認しておきましょう。

4.鍵開け開始
鍵開けにかかる時間は鍵の種類やドアの形状によって異なります。ディスクシリンダーのような鍵であれば5~10分ほどで作業が終わることもありますが、防犯性の高いものだと30分以上の時間がかかる場合もあります。鍵開けの難易度にもよりますが、業者が来てから約15分から1時間で家に入れることが多いそうです。

マンションの鍵を紛失してしまったときには、パニックになってしまうことが多いです。鍵を探しても見つからないときには、管理会社や警察など必要な場所に連絡をいれてから自分でできることはありません。1度家に帰って落ち着きましょう。

家に入るには鍵屋に依頼すれば、専門的な技術で鍵開け作業をおこなってもらうことができます。どこの鍵屋に依頼したらいいのか分からないというときには、鍵開けステーションにご連絡ください。お近くの鍵屋をご紹介できます。鍵開けをお考えでしたらお気軽にご相談ください。

マンションの鍵紛失について知っておくべき3個のこと

マンションの鍵紛失について知っておくべき3個のこと

マンションの鍵紛失を放置していると、トラブルの原因となってしまうことがあります。そのようなことが起きないように、しっかり対策をしておきましょう。家に入れて一息ついたころに確認してみてください。

賃貸物件の場合、オーナーさんや管理会社へ必ず連絡

賃貸物件にお住まいの場合には、必ずオーナーさんや管理会社に連絡しておきます。鍵を無くしたことを伝えていないと、違法行為とみなされてしまうことがあります。とくに、勝手に鍵を交換することは新たなトラブルを生み出す原因となってしまいます。賃貸の場合に部屋の備品を変える場合には、必ず確認してからおこなってください。

なくした鍵をについての費用は借主負担が基本

鍵を無くしときにかかる費用は借主が負担することになるため、鍵開けや鍵交換の費用は自分で支払うことになります。自分で負担するからといって勝手なことはできません。しっかりオーナーや管理会社と相談して対処してください。

火災保険に加入している人は付帯されているサービスをチェック

賃貸契約の場合には、保険の加入必須の物件が多いかと思います。とくに、火災保険に加入している場合には、鍵の交換費用も適用されることがあります。この場合には、保険金で鍵の交換ができますので、契約書の確認をしてみてください。

マンションにオートロックがついているときの対応は慎重に

マンションのエントランスにオートロックがついている場合には、自己負担となるリスクが高いです。オートロックの鍵を紛失してしまった場合に考えられるリスクと費用、それから対処法を紹介します。

考えられるリスク

オートロックの鍵を無くしてしまった場合には、そのカギを使ってマンションの共有スペースに入られてしまったり、自分の部屋に入られてしまうリスクがあります。鍵自体にはマンション名が書いてあるわけではありません。しかし、落とした後にうしろをつけられていた場合や、特徴的な鍵である場合にはマンションが特定されてしまうことがあるのです。

このようなリスクを想定して、オートロックの鍵を無くした場合にはオートロックキーの交換が必要です。この費用は、借主負担となってしまうことがあります。各部屋ごとに新しい鍵に交換するとなると、大きなマンションの場合には50~100戸、もしくはそれ以上の必要となってしまうのです。

オートロックキーを無くしたときにかかる費用

マンションのオートロックを交換することになった場合には、マンションの全部の部屋の鍵を交換することになります。

オートロックキーの場合は、エントランスのオートロックと自室の鍵がひとつになったものが多いため、全て作り直さなければならないのです。マンションの規模にもよりますが、数十万~百万円の請求が来るかもしれません。

オートロックキーの交換の対処法

オートロックキーの交換費用は前述のように高額になってしまうことがあります。高額な交換費用は、現実的に見て支払うことが難しい場合もあります。

そこで、オーナーや管理会社に代替策を提案してみましょう。例えば、オートロックのシリンダーのみ交換し、新しい鍵を住民に配るという手段です。鍵を2つもつことになってしまいますが、新たに鍵を作り直すより安く済み、防犯性も保たれます。

次に、オートロックキーにするのではなく、暗証番号方式にすれば、外部の人が入れなくなります。また、暗証番号は変更することができるため、定期的に変えることで防犯対策にもなります。鍵を無くすことはほかの人でもあり得ることです。暗証番号であれば、オートロックの鍵を無くすリスクがなくなります。

このように代替策を提案するなど、オーナーや管理会社に交渉することは大切です。交渉の際に感情的になってしまうと、スムーズに話し合いはできません。落ち着いて、ご自身の状況を伝えることが大切です。

交渉によっては、管理会社も負担することになり、一部負担で済んだり、負担がなくなったりすることもあります。まずは相談してみましょう。

まとめ

マンションの鍵紛失してしまった場合には、鍵を探すのはもちろんですが、大家さんや管理会社、警察への連絡はかかせません。適切に連絡をすることによって二次被害を防ぐこともできますから、落ち着いて対処することが大切です。大家さんや管理会社にうまく連絡が取れず、家に入れないときには、鍵開け業者に依頼することも可能です。

お近くの鍵開け業者に依頼すれば、はやく来てもらうことができます。近くの鍵屋を知らない・どこに依頼すればいいのか分からないという場合には、弊社におまかせください。お客様のお近くの鍵屋のご紹介をすることができます。急遽、鍵を開けてほしいというときには、ご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...