鍵の交換費用相場!鍵の種類や賃貸での対策・玄関ドアから防犯しよう

鍵の交換費用相場!鍵の種類や賃貸での対策・玄関ドアから防犯しよう

鍵の交換をおこなう際は、費用相場についての知識を身に付けましょう。鍵には形状や防犯性能などが異なるさまざまな種類があり、鍵の種類や依頼する業者によって交換費用が変わります。事前に相場を確認しておかないと、費用の妥当性がわからず不要な出費が発生するおそれもあるでしょう。

本記事では、鍵の交換費用の相場と業者選びのポイントをご紹介します。自分が求める鍵の種類や必要なサービスなどを明確にして、最適な業者選びをしましょう。

また、賃貸物件に使える工事不要の鍵や一般家庭でよく使われている鍵の種類についても解説します。それぞれのメリット・デメリットを知り、もっともよいと思う鍵へ交換をしましょう。

鍵の交換費用|業者に依頼した場合の相場とおすすめの鍵

鍵の交換費用について、鍵本体と工事それぞれの相場をご紹介します。業者選びのポイントや目的に応じたおすすめの鍵についても解説しますので、参考にしてください。

鍵本体の費用相場

冒頭で述べたように、鍵にはさまざまな種類があります。そして、構造が単純で防犯性の低いものは安く、構造が複雑で防犯性の高いものは高い費用が必要です。

一般的な家庭に使われている鍵はおもに2種類あります。そのうち、比較的単純な構造のシリンダーキーは10,000~12,000円、複雑な構造のディンプルキーは15,000~20,000円が相場です。シリンダーキーやディンプルキーがどのような鍵なのかということについては最後の章で解説しますので、詳しくはそちらをご覧ください。

また、近年自宅の鍵としても採用されることが増えてきた電子錠などの特殊な鍵は、構造や機能がさまざまなので、費用相場も幅広くなっています。安いものは10,000円ほどですが、高いものは100,000円を超えるものもあるのです。

見積りから工事完了までの費用の内訳

鍵の交換にかかる費用は、鍵本体に加えて工事費用が必要です。なにに費用がかかるのか、簡単に内訳を覚えておきましょう。

鍵交換の工事には、鍵本体の費用・作業費・出張費が必要です。このうち、作業費はどの程度の作業をするかによって異なります。

鍵を挿し込むシリンダー部分だけを交換する場合は10,000~15,000円です。しかし、鍵の種類を変えることによってまるごと交換しなくてはならない場合は、作業にかかる時間や手間が増えるので、費用相場が15,000~20,000円になります。

出張費は業者によってさまざまで、不要としている場合もあります。0~5,000円と考えておくとよいでしょう。

鍵の交換を依頼できる場所と選ぶポイント

鍵の交換は、さまざまな作業を請け負っている便利屋のような業者や鍵屋に依頼することができます。業者の数が多いので、迷ってしまう場合は弊社のサービスをご利用ください。

鍵を交換する際は、まず鍵の種類やドアの状態などを確認して見積りを出します。そして、見積りに納得したら日程を決めて工事をおこなうという流れになるでしょう。

見積りには、サービスの内容やかかる費用などがまとめられています。素人でもわかるようなわかりやすい見積りを提示する業者を選択しましょう。ただし、不明点や疑問点が出てくる見積りもあります。そのときはすぐに業者に確認し、説明を受けましょう。

このとき、説明が不明確で見積りに納得できないような業者は、キャンセルすることをおすすめします。

また、見積りは有料の場合と無料の場合があります。少しでも費用を抑えたい方は見積り無料の業者を選んで相談しましょう。

おすすめの鍵の種類

どのような鍵に交換するのが最適かは、鍵交換の際になにを重視するかによって異なります。自分がどのような鍵にしたいかのイメージを明確にしておきましょう。

費用を安くすることを優先する場合はシリンダーキー、防犯性を重視する場合はディンプルキーや特殊な構造の鍵がおすすめです。

また、電子錠のなかには暗証番号で鍵を開けるタイプやスマートフォンで操作するタイプがあります。鍵を持ち歩くのが嫌という方は、そういった鍵を選んでもよいでしょう。

賃貸の際の交換方法|工事なしでつけられる防犯向上アイテム

賃貸の際の交換方法|工事なしでつけられる防犯向上アイテム

賃貸の場合は、鍵に異常が出ても勝手に交換することができません。鍵は大家さんや管理会社の許可を得てから業者に交換を依頼しましょう。そのときにかかる費用は、鍵の紛失や破損など入居者に過失のあった場合は入居者が支払います。

ただし、鍵の交換費用を負担する必要がないケースもあります。それは、経年劣化によって鍵が破損してしまった場合です。

物件の管理は大家さんや管理会社がおこなうべきとされています。入居者の過失ではない理由で鍵の交換が必要な場合の費用については、大家さんや管理会社に交渉してみましょう。

交換に費用がかからない?でも鍵を選ぶことができない

前述の通り、賃貸の鍵を交換する場合は、費用負担をしなくてもよいケースがあります。しかし、自分で交換をおこなわない場合は、鍵を希望の種類に変えることはできないことが多いでしょう。

どうしても希望の鍵に変えたいという方は、自分で費用を負担して交換することをおすすめします。

工事不要の防犯性能アップグッズの使い方

工事不要で防犯性能を上げたい場合におすすめなのが補助錠です。生活スタイルなどによって適したものが異なるので、いくつかご紹介します。

・外付けタイプ
工具も不要で、既存の鍵の上に並ぶように部品を取り付けるだけのものです。外から鍵がふたつついていることが見えるので、不審者は近寄りにくいと感じるでしょう。内側からの開閉ができないものが多いので、一人暮らしにおすすめです。

・リモコン式
子供がいる家におすすめなのがリモコン式です。ドアにセンサーを取り付けて、リモコンでの開閉を可能にします。買い物帰りで荷物の多いときや子供と手をつないだ状態でもワンタッチで操作できるのでとても便利です。

・ダイヤル式
ダイヤル式の鍵をドアの外側にとりつけるのもおすすめです。番号を合わせることで鍵を開けることができるので、持ち歩く鍵が増えることがありません。

「サムターン回し」を防止する道具

サムターンとは、鍵の開閉操作をおこなうつまみのことです。鍵を使わずにサムターンを回して解錠するピッキングを防ぐために、サムターンが回らないようにする補助錠をつけるのも対策になります。

ドアの内側につけるもので見た目が変わらないので、外からの見栄えが気になる方にもおすすめです。

ディンプルキー・シリンダーキーとは?交換時期について

ディンプルキー・シリンダーキーとは?交換時期について

ディンプルキーは鍵の差し込み部分に複数のくぼみがあり、それと鍵穴の内部の凹凸が合うことで解錠が可能になる鍵です。新築物件に多く使われています。

シリンダーキーは鍵の差し込み部分が波打つように凸凹になっていて、それと鍵穴の凹凸が合うことで解錠が可能になる鍵です。ひと昔前に広く普及した鍵ですが、今でも多くの場所で使われています。

どちらも自宅の玄関の鍵としてよく使われていますが、それぞれメリット・デメリットがあるのでご紹介します。

ディンプルキーのメリット・デメリット

ディンプルキーの鍵穴には複数のピンと呼ばれる部品がついています。しかも、そのピンは鍵穴の上下左右についていて、とても複雑な構造になっているのです。そのため、ピッキングや鍵の複製が困難で防犯性に優れています。

しかし、それゆえに鍵本体の価格が高くなってしまうのがデメリットです。費用を抑えることを重視している方には不向きなものかもしれません。

シリンダーキーのメリット・デメリット

シリンダーキーの鍵穴にも、ディンプルキー同様ピンはついています。ただし、シリンダーキーの場合、ピンがついているのは鍵穴の上のみか上下の2方向です。そのため、比較的単純な構造をしていて防犯性能はあまり高くありません。

しかし、鍵本体の金額は安いので、交換はもちろん傷んでしまった場合の修理なども低価格でおこなえるというメリットがあります。費用を抑えることを重視する場合は、シリンダーキーがよいでしょう。

鍵の交換をする時期や寿命

鍵を交換するタイミングは、おもにふたつあります。鍵を紛失したときと、鍵が回りにくくなったりまったく操作できなくなったりしたときです。

鍵を紛失してしまった場合は、拾った鍵を悪用される危険性があります。早めに鍵を交換して、空き巣などの被害にあわないようにしましょう。

そして、鍵は雑に扱って曲がってしまったり、鍵穴にホコリなどが溜まってしまったりすると使えなくなってしまいます。不具合が出て交換を考える場合は、まず原因を確かめましょう。

普段使っている鍵とは別の合鍵などが手元にある場合は、一度合鍵での解錠が可能かどうか試してみましょう。合鍵での解錠が可能であれば、鍵が傷んでいるだけなので、修理や新しい鍵の作成をすれば解決します。

合鍵でも解錠できなかった場合は、シリンダーに不具合が出ている状態です。鍵穴が汚れていたりホコリやゴミがつまったりしていないか確認しましょう。汚れやゴミが原因ではない場合は内部の部品などが傷んだり破損したりしているかもしれません。早めに新しい鍵に交換しましょう。

また、長年同じ鍵を使用している場合は、鍵の寿命という可能性もあります。一般的に鍵の寿命は10年といわれています。10年以上同じ鍵を使っている場合は、防犯性能が低い鍵が取り付けられていることも多いので、安全のためにも交換を検討してみましょう。

自分で鍵を交換することはできる?

いくつかの鍵の種類や工事にかかる費用などをご紹介してきましたが、安く工事をおこなう方法として、自分で交換することはできないのかと思う方もいるでしょう。結論からいうと、自分で交換することはできます。

ただし、鍵の型番や大きさの確認、取り外した鍵の処分、交換作業などの手間がかかるので、簡単におこなえるものではありません。もしも交換時に手順や部品の取り付けを失敗すれば、新しい鍵がまともに機能しないということもあるでしょう。少しでも作業に不安がある方は、無理せず業者に依頼しましょう。

まとめ

鍵の交換費用は、鍵本体の価格や作業費、出張費などが必要です。普段の生活や重視するものの違いによって適した鍵は異なりますが、見積りをよく見て納得のいく業者選びをおこないましょう。

見積りは無料でおこなっている業者も数多く存在します。そういった業者を選ぶことで、少しでも費用を抑えることができるので覚えておきましょう。

賃貸にお住まいで、大掛かりな工事をおこないたくないという方は、工事不要の補助錠を取り付けるという方法もあります。元々の鍵に不具合があっても、性能のよい補助錠を選べば、それを本鍵として扱うことができるのでおすすめです。

また、鍵が回りにくかったり鍵を紛失したりしたときや、鍵の寿命が交換に適した時期ではありますが、自宅の防犯性を高める目的でも鍵の交換は有効な手段です。自分がよいと思うタイミングで交換をおこないましょう。

自分に適した鍵がわからないときや、工事を依頼する業者選択に困ったときは、弊社にご相談ください。弊社は全国に数多くの加盟店が存在し、年中無休でご相談対応をおこなっています。

交換の必要がなく、修理で解決するトラブルであった場合も対処することができるので、鍵のトラブルでお困りの際は、いつでもお気軽にお電話ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...